AviUtlのアニメーション効果を一覧にまとめてみました。【一括掲載】

投稿日:2018年3月14日 更新日:

AviUtlの「アニメーション効果」は「震える」や「点滅」や「振り子」など用意されたアニメーションを簡単に使うことができるエフェクトです。

 

25種類のアニメーションがあり、その中から好きな効果を選ぶことができます。




震える

解説

「震える」はオブジェクトを震えさせることができるアニメーション効果です。
 
 
 
下の3項目の調整ができます。
  • 震えの振れ幅
  • オブジェクトの角度
  • 1回1回の震えの間隔
 
詳細ページ: ▶▶震えるの使い方・やり方
 

 

振り子

解説

「振り子」はオブジェクトが振り子のようにゆらゆら揺れる演出ができます。
 
 
下の3項目の調整ができます。
  • 揺れる速さ
  • 揺れの角度
  • ずらし
 
※ずらしはテキストオブジェクトの「文字毎に個別オブジェクト」にチェックが入っている場合に有効になります。
 
 詳細ページ:▶▶振り子の使い方・やり方
 

弾む

解説

「弾む」はオブジェクトを弾ませることができるアニメーション効果です。
 
 
下の4項目が調整できます。
  • ジャンプする速さ
  • 弾む高さ
  • 角度(弾む方向)
  • ずらし
 
※ずらしはテキストオブジェクトの「文字毎に個別オブジェクト」にチェックが入っている場合に有効になります。
 
詳細ページ:▶▶弾むの使い方・やり方
 

座標の拡大縮小(個別オブジェクト)

解説

テキストの文字と文字の間の間隔を広くしたり、狭くしたりできます。
 
 
 下の3つの項目が調整できます。
 
  • 拡大率
  • 中心X
  • 中心Y
 
※テキストオブジェクトの「文字毎に個別オブジェクト」にチェックが入っている場合に有効になります。
 
 

画面外から登場

解説

オブジェクトが画面の外側から登場してくるアニメーション効果です。
 
 
下の4つの項目を調整できます。
 
  • 時間
  • 角度
  • ランダム方向
 
 

ランダム方向から登場

解説

オブジェクトがランダム方向から登場してきます。
 
また、登場してくる時は3D風に回転しながら登場してきます。
 
 
下の4つの項目が調整できます。
 
  • 時間
  • 回転
  • ライト
  • 加減速
 

 

拡大縮小して登場

解説

オブジェクトが大きなサイズの状態で出てきて、元のサイズに戻るように登場してきます。
 
 
 逆に小さい状態から元のサイズになるような演出もできます。
 
下の3つの項目が調整できます。
 
  • 時間
  • 拡大率
  • 加減速
 
 

 

ランダム間隔で落ちながら登場

解説

テキストオブジェクトで「文字毎に個別オブジェクト」にチェックを入れていると、テキストが1文字づつランダムで落ちながら登場してきます。
 
 
下の4つの項目が調整できます。
 
  • 時間
  • 間隔
  • 距離
  • 加減速
 
 

 

弾んで登場

解説

オブジェクトがぴょんぴょん弾みながら登場してきます。
 
 
下の3項目が調整できます。
 
  • 時間
  • 高さ
  • 回数
 
 

 

広がって登場

解説

くるっと回るような感じで登場します。
 
 
縦方向にもできます。
 
下の2項目が調整できます。
  • 時間
  • 縦方向
 
 

 

起き上がって登場

解説

倒れた状態から起き上がるような感じで登場してきます。
 
 
下の2項目が調整できます。
 
  • 時間
  • 勢い
 
 

 

何処からともなく登場

解説

忍者が高速移動しながら登場してくるかのようなアニメーション効果です。
 
 
下の3つの項目が調整できます。
 
  • 登場までの時間
  • 高速移動中のぼかし具合
  • 高速移動の位置
 
 

反復移動

解説

指定された範囲内を行ったり来たりします。
 
 
下の4項目が調整できます。
 
  • 移動の速さ
  • 反復移動する距離
  • 角度(移動する方向)
  • ずらし
 
※テキストオブジェクトで「文字毎に個別オブジェクト」にチェックを入れていると、文字毎にずれながら反復移動します。
 
 

 

座標の回転(個別オブジェクト)

解説

テキストオブジェクトで「文字毎に個別オブジェクト」にチェックを入れていると、テキストが回転します。
 
 
下の3項目が調整できます。
 
  • 角度
  • 中心X
  • 中心Y
 
 

 

立方体(カメラ制御)

解説

オブジェクトを立方体の形にできます。
 
 
カメラ制御で使ってください。
 
立方体(カメラ制御)で調整できるのは「サイズ」だけです。
 
 

球体(カメラ制御)

解説

オブジェクトを球体にできます。
 
 
カメラ制御で使ってください。
 
球体で調整できるのも「サイズ」だけです。
 
 

 

砕け散る

解説

本オブジェクトがバラバラに砕け散るアニメーション効果です。
 
 
下記の項目が調整できます。
 
  • 開始時間
  • 中心X,Y,Z
  • パラメータ設定
 
さらにパラメータ設定では以下の項目が調整できます。
 
  • 破片サイズ
  • 速度
  • 重力
  • 時間差
  • 距離影響
  • ランダム回転
  • ランダム方向
  • 再生速度
  • リアルタイムでプレビューする
 
 

 

点滅

解説

オブジェクトを点滅させることができます。
 
 
下の4つの項目が調整できます。
 
  • 速さ
  • 点滅割合
  • 点灯速度
  • 消灯速度
 
 詳細ページ:▶▶点滅の使い方・やり方

点滅して登場

解説

点滅しながら登場してきます。
 
 
下の3つの項目が調整できます。
 
  • 時間
  • 点滅間隔
  • 点滅間隔を一定にする
 

 

簡易変形

解説

オブジェクトの四隅をクリックしたまま動かすことで、簡単に変形させることができます。
下の2つの項目を調整できます。
  • 時間経過
  • パラメータ設定
さらに、パラメータ設定では下記項目を調整できます。
  • 座標
  • 分割数
  • 描画方法
  • リアルタイムでプレビューする。
また、簡易変形にはカメラ制御に対応した「簡易変形(カメラ制御)」もあります。
 

 

リール回転

解説

スロットマシーンのリールが回転するようなアニメーション効果です。
 
 
下の3つの項目が調整できます。
 
  • 回転数
  • ブラー
  • 横回転
 

 

万華鏡

解説

オブジェクトが万華鏡を覗いたような感じになります。
 
 
 
下の項目が調整できます。
 
  • 中心X
  • 中心Y
  • 長さ
  • 回転
  • 表示位置確認
  • パラメータ設定
 
さらに、パラメータ設定では下記項目が調整できます。
 
  • 角数(偶数)
  • 繰り返し回数
  • 固定サイズ
  • 円形マスク
  • 回転同期
  • アンチエイリアス
  • リアルタイムでプレビューする
 
 詳細ページ:▶▶万華鏡の使い方・やり方

 

円形配置

解説

オブジェクトを円形に配置できるアニメーション効果です。
 
 
下の項目が調整できます。
 
  • 円周
  • 半径
  • 回転
  • ずらし
  • 水平配置(カメラ制御)
  • パラメータ設定
 
パラメータ設定では下記項目が調整できます。
 
  • 向き反転
  • 回転無し
  • リアルタイムデプレビューする
 
 

 

ランダム配置

解説

オブジェクトがランダムに配置されます。
 
 
下記項目が調整できます。
 
  • 範囲
  • 回転
  • 拡散
  • 3D配置(カメラ制御)
  • パラメータ設定
 
パラメータ設定では下記の項目が調整できます。
 
  • ランダム角度
  • カメラの方向を向く
  • リアルタイムでプレビューする
 

スポンサードリンク

-使い方

Copyright© Aviutl簡単使い方入門|すんなりわかる動画編集 , 2018 AllRights Reserved.