AviUtlのオブジェクト一覧

投稿日:2017年1月17日 更新日:

 

動画ファイル・音声ファイル・画像ファイル

・動画ファイル

.aviや.mp4などの映像部分です。

・音声ファイル

mp3やwavなどの音声部分です。

・画像ファイル

png、jpgなどの画像ファイルです。

 

テキスト

文字を入力することができます。

 

サイズや色、フォントの種類はもちろん、表示のさせ方なども色々設定できます。

ダウンロードしてくれば、フリーフォントの使用もできます。

 

参考記事

▶▶テキスト編集のやり方まとめ。

▶▶AviUtlにフリーフォントを追加する方法とおすすめフォント一覧

 

図形

いくつかの種類から選んで配置することができます。

種類

背景 四角形
三角形 五角形 六角形
星型 ファイルから選択  

 

参考記事

▶▶図形オブジェクトについてまとめ

フレームバッファ

「フレームバッファ」よりも(見た目が)上にある全てのレイヤ-を1つの物として扱います。(※数字が小さいレイヤーの事です。)

 

対象のオブジェクトにまとめてエフェクトを掛けたり、表示されている画面全体を1つのオブジェクトとしたりできます。

タイムラインに図形を並べ、そこにフレームバッファを掛けていきます。

元の状態

フレームバッファを配置し、フィルタ効果の「拡散光」を掛けてみます。


Layer1~7のオブジェクトそれぞれに「拡散光」の効果が付きます。

また、フレームバッファは「対象のオブジェクト(ここではLayer1~7)それぞれにエフェクトを掛けた画面をそのままコピーしている」ような感じなので、1つの画像として移動させたり、拡大縮小させたりもできます。


なので、移動させると下には元の画面が出てきます。

 

▶▶フレームバッファの使い方・やり方

 

音声波形表示

音声に合わせて波形を表示します。

デフォルトでは「Type1~5」の5種類あります。

デフォルトの種類

・Type1


・Type2


・Type3


・Type4


・Type5

 

「設定」からパラメータを変更すると、いろんな形に変えられます。

他にも、色を変えたりすることもできます。

 

▶▶音声波形表示の使い方・やり方

 

シーン・シーン(音声)

タイムラインそのものを1つのオブジェクトとして配置することができます。

 

タイムライン左上の「Root」からタイムラインを切り替えられます。

別のタイムラインで編集したものを、そのまま1つのオブジェクトとして配置できます。

共同作業でシーン別に編集する時や、同じ物を使いまわす時に使ったりします。

あとはタイムラインがいっぱいで重くなるのを避けるためなどに使います。

 

▶▶シーンの使い方・やり方

 

直前オブジェクト

1つ上のレイヤーにあるオブジェクトをエフェクトなど込みでコピーできます。

「発光」のフィルタを掛けた円図形の下のレイヤーに「直前オブジェクト」を置きます。


「発光した円図形」がコピーされます。

 

▶▶直前オブジェクトの使い方・やり方

 

パーティクル出力

オブジェクトを連続でパラパラと放出していきます。

画像やテキスト、図形など色々なオブジェクトを使うことができます。

てきとうに自分で描いた画像を読み込んで、下方向に出力しています。

1番上の白い破線で囲まれた画像から下に向かってどんどん出てきます。

 

▶▶パーティクル出力の使い方・やり方

 

カスタムオブジェクト

雪が降る演出や雨が降る演出など、カスタムされた色々な物がオブジェクトとして使えます。

ほとんどのカスタムオブジェクトには動きが付いています。

一覧

集中線
走査線
カウンター
数字をカウントしていきます。
レンズフレア
ランダム小物配置
ライン(移動軌跡)

 

扇形
多角形
周辺ボケ光量
フレア
水面

 

▶▶カスタムオブジェクトの使い方・やり方

 

時間制御

動画を早送り、巻き戻し(逆再生)、コマ落ち、繰り返し再生することができます。

 

▶▶時間制御の使い方・やり方

 

グループ制御

指定した複数のレイヤーを対象に、まとめてフィルタ効果を掛けたり、回転、拡大、縮小できたりします。

 

下の「グループ制御」の対象に「ぼかしフィルタ」を掛けます。

グループ制御の対象
「テキスト(こんにちは)」「星」「集中線」
グループ制御の対象外
「円図形」

 
対象外の「円図形」以外にぼかしが入ります。

 

▶▶グループ制御の使い方・やり方

 

カメラ制御

カメラ視点を利用し、3D的、立体的な動画を作ることができます。

 

上のグループ制御で使用した見本と同じものを角度を変えて見ています。
円図形だけは、制御の対象外のままにしているので、そのままです。

 

▶▶カメラ制御の使い方・やり方

 

フィルタ効果の追加

画像やテキストなど、オブジェクトに対して色んな効果を追加することができます。

一覧

数が多いので、個々のエフェクトに関しては個別で解説します。

 

フィルタオブジェクトについて

一覧

フィルタオブジェクトはフィルタ効果と内容がかぶっている物もあります。

効果自体は同じですが、効果範囲が違います。

 

メディアオブジェクトのフィルタ効果」が1つ上のレイヤーを対象にしているのに対し、「フィルタオブジェクト」は上のレイヤー全てが対象になります。

下の画像が、フィルタオブジェクトでモザイクを掛けた状態です。
「円」「テキスト(こんにちは)」「星」の全てにモザイクが掛かります。
フィルタ効果だと1つ上の「星型」だけモザイクが掛かります。

 

-使い方

Copyright© Aviutl簡単使い方入門|無料でできる動画編集のやり方 , 2018 AllRights Reserved.