AviUtlの座標の回転の使い方・やり方【アニメーション効果】

投稿日:2018年3月22日 更新日:

AviUtlのアニメーション効果にある「座標の回転(個別オブジェクト)」は、テキストなどのオブジェクトを動かす時に、角度や中心を調整できるエフェクトです。

 

テキスト

画像




座標の回転の設定項目

解説

 
座標の回転の設定項目は以下の通りです。
 
  • 角度
  • 中心X
  • 中心Y

 

角度

解説

オブジェクトが回転する角度を調整できます。
 
角度0→360(中心X:5、中心Y:5)
※中心X、中心Yがどちらも0のままだと動かないので注意。
 
数値はー360~360まで設定できます。
 
初期値は0です。

中心X

解説

回転の中心になるX座標(横方向)を調整できます。
 
プラス数値だと右方向に移動し、マイナス数値だと左方向に移動します。
 

中心X0→90

中心X0→ー90

※角度はー360→360です。

 
数値は-1000~1000まで設定できます。
 
初期値は0です。

中心Y

解説

回転の中心になるY座標(縦方向)を調整できます。
 
プラス数値だと下方向に移動し、マイナス数値だと上方向に移動します。
 

中心Y:0→90

中心Y:0→ー90

※角度はー360→360です。

 
数値はー1000~1000まで設定できます。
 
初期値は0です。

 

テキストに「座標の回転」をかける

解説

テキストオブジェクトに「座標の回転」を使う時は、「文字毎に個別オブジェクト」にチェックを入れるか、入れないかで動き方が違ってきます。
 
テキストオブジェクトの設定ダイアログ
 

チェックなし

チェックあり

※設定項目
角度:0→360
中心X:0→90
中心Y:0→90

 

「座標の回転」以外のアニメーション効果について

アニメーション効果は「座標の回転」以外にもたくさんの種類があります。

 

その他のアニメーション効果については下記記事にてまとめています。

 

AviUtlのアニメーション効果を一覧にまとめてみました。【一括掲載】

スポンサードリンク

-使い方

Copyright© Aviutl簡単使い方入門|無料で学ぶ動画編集 , 2018 AllRights Reserved.