AviUtlのランダム配置の使い方・やり方【アニメーション効果】

投稿日:

AviUtlのアニメーション効果にある「ランダム配置」は画像やテキストなどのオブジェクトをランダムに配置することができるエフェクトです。

 

素材画像

ランダム配置

 

ランダム配置の設定項目

解説

 
ランダム配置の設定項目は以下の通りです。
  • 範囲
  • 回転
  • 拡散
  • 3D配置(カメラ制御)
  • 設定(パラメータ設定)
 

 

解説

配置されるオブジェクトの数を調整できます。
 

数5

数10

 
数値を設定しても、画面内に指定した数よりも少なく表示されたりします。
 
これは表示されていないだけで、範囲をせまくすると表示されます。
 
 
数値は0~4000まで設定できます。
 
初期値は50です。
 

 

範囲

解説

オブジェクトを配置する範囲を調整できます。
 

範囲0

範囲150

※数は50です。

 
数値は0~20000まで設定できます。
 
初期値は800です。
 

 

回転

解説

オブジェクトの1つ1つを回転させることができます。
 
 
数値は0~20まで設定できます。
 
初期値は0です。
 

 

拡散

解説

数値を上げるとオブジェクトが拡散されます。
 
 
数値は0~20000まで設定できます。
 
初期値は0です。
 

 

3D配置(カメラ制御)

解説

3D配置(カメラ制御)にチェックを入れると、立体的な配置にすることができます。
 
 
カメラ制御を使用しなければいけないので注意です。
 

 

パラメータ設定

解説

 
 パラメータ設定の設定項目は以下の通りです。
  • ランダム角度
  • カメラの方向を向く
 

 

ランダム角度

解説

ランダム角度にチェックを入れると、配置されたオブジェクトの角度がバラバラになります。
 

チェックなし

チェックあり

 
チェックなしの場合、全てのオブジェクトの角度は一定になります。
 
初期状態からチェックが入っています。
 

 

カメラの方向を向く

解説

「カメラの方向を向く」にチェックを入れると、オブジェクトを動かしたときもカメラの方を向くようにできます。
 

チェックなし

チェックあり

上の2つは、どちらも同じ素材です。
 
「カメラの方向を向く」にチェックが入っているかいないかだけで、挙動が全く違いますね。
 
初期状態ではチェックなしになっています。

 

ランダム配置以外のアニメーション効果について

アニメーション効果には、ランダム配置以外にもたくさんの種類があります。

 

その他のアニメーション効果については下記記事でまとめています。

 

AviUtlのアニメーション効果を一覧にまとめてみました。【一括掲載】

 

-使い方

Copyright© Aviutl簡単使い方入門|無料で学ぶ動画編集 , 2018 AllRights Reserved.