AviUtlの立方体の使い方・作り方【アニメーション効果】

投稿日:

AviUtlアニメーション効果にある「立方体(カメラ制御)」は画像や動画、テキスト、図形など色んなオブジェクトを立方体にできるエフェクトです。

 

元画像

立方体に

 

オブジェクトを「拡張描画」にして、カメラ制御で使用してください。

 

作り方

解説

立方体の作り方は、単純に立方体の形にしたいオブジェクトに、アニメーション効果の中にある「立方体(カメラ制御)」を適応させるだけです。
 
例えば、画像ファイルを立方体にしたかったら、設定ダイアログから、画像ファイルを拡張描画にし、「+」マークから「アニメーション効果」を追加します。
 
 
タイムライン上では、図形オブジェクトの上に「カメラ制御」を置きます。
 
 
これだけで、とりあえず立方体の形になります。
 
画像はもちろん、動画や図形、テキストなども立方体にできます。
 
  • 動画
  • 図形(星型)
  • テキスト
 

 

立方体(カメラ制御)の設定項目

解説

 
立方体の設定項目は以下の通りです。
 

・サイズ

 

サイズ

解説

立方体のサイズを変更できます。
 
  • サイズ:20
  • サイズ:50
  • サイズ:70
数値は0~2000まで設定できます。
 
初期値は200です。

立方体に影を付けるには

解説

シャドー(カメラ制御)」を使うと、立方体に影を付けることができます。
 

 
光をどの角度から当てて影をどの方向に出すか、影の濃さなども調整できます。
 
オブジェクトを動かすと、当然それに合わせて影も動きます。
 

 

立方体(カメラ制御)以外のアンメーション効果

アニメーション効果には「立方体(カメラ制御)」以外にもたくさんあります。

 

その他のアニメーション効果については、下記記事でまとめています。

 

AviUtlのアニメーション効果を一覧にまとめてみました。【一括掲載】

 

-使い方

Copyright© Aviutl簡単使い方入門|無料で学ぶ動画編集 , 2018 AllRights Reserved.