すんなりわかるAviUtlの境界ぼかしの使い方・やり方

投稿日:2017年12月17日 更新日:

境界ぼかしは、画像や動画などのオブジェクトの周りの縁の部分をぼかすことができるオブジェクトです。

周りだけでなく全体をぼかすオブジェクトやモザイクについては、別記事で解説しています。

参照
ぼかしの使い方・やり方

モザイクの使い方やり方

境界ぼかしオブジェクトの出し方

解説

タイムライン上で右クリックし、「メディアオブジェクトの追加」→「フィルタ効果の追加」と進み、「境界ぼかし」をクリックします。
 
 
 
または、境界ぼかしを使用したいオブジェクトの設定ダイアログを開き、右上の「+」マークをクリックすることでも追加できます。

 

境界ぼかしの設定ダイアログ

解説

境界ぼかしの設定ダイアログには、2つの項目とチェックボックスが1つあります。
 
・範囲
・縦横比
・透明度の境界をぼかす
 
 
1つずつ見ていきましょう。

 

範囲

解説

ぼかしの強さが調整できます。
 
数値は0~2000まで設定でき、数値が高いほどぼかしが強くなります。
 
初期設定は5になっています。
 
数値5の時の境界ぼかし
 
数値100の時の境界ぼかし
 
数値500の時の境界ぼかし
 

 

縦横比

解説

ぼかしの縦と横の比率を調整できます。
 
数値は-100~100まで設定できます。
 
マイナスに数値を振ると横方向のぼかしが強くなり、プラスに数値を振ると縦方向のぼかしが強くなります。
 
初期設定では0になっています。
 
ネコの画像を使って実際に見てみましょう。
 
範囲を「50」に設定して、縦横比を「-100」と「100」にした画像を並べてみます。
 
縦横比-100の時の境界ぼかし
 
縦横比100の時の境界ぼかし
 

 

透明度の境界をぼかす

解説

「透明度の境界」とわかりにくい表現が使われていますが、ようは画像の透明部分をどうするのかということです。
 
例えば、先ほどのネコ画像のネコの部分だけ切り抜きます。
 
 
実際の画像としてはネコの周りには余白があります。
この余白も含めて1枚の画像となっています。
 
「透明度の境界をぼかす」にチェックが入っていない状態でぼかすと、透明になっている背景を含めた、周りの枠の部分からぼかしていくことになります。
 
 
 
「透明度の境界をぼかす」にチェックを入れると、切り抜いたネコの輪郭にそってぼかしをかけていきます。
 

 

-使い方

Copyright© Aviutl簡単使い方入門|無料でできる動画編集のやり方 , 2018 AllRights Reserved.