AviUtlの使い方

本体と拡張編集、それぞれの使い方についてです。

AviUtl本体での編集

ただ、動画を繋げたり、カットするだけだったりするなら本体だけでもできます。

▶▶AviUtl本体でできる編集

拡張編集の使い方

拡張編集は下の画像にあるタイムラインを使用します。

起動方法とファイルの読み込み方

まずは、起動とファイルの読み込みについてです。

拡張編集で編集するなら本体ではなく、「拡張編集」の方から読み込まないといけません。

▶▶本体・拡張編集の起動とファイルの読み込み

タイムラインについて

タイムラインの見方や簡単な概要について。

「タイムライン」の各部分に、どんな役割があるのかなどです。

▶▶タイムラインについて

レイヤーについて

色んな「オブジェクト」はレイヤー上に並べていきます。

どのレイヤーに配置するかで、全く違う内容になったりするので、しっかり覚える必要があります。

▶▶レイヤーについて

オブジェクトについて

動画、画像、音声のファイルだけでなく、色んな効果も「オブジェクト」に含まれます。

これを駆使して様々な演出を作ることができます。

▶▶オブジェクトの概要や基本操作など

・概要や選択の方法、右クリックメニューについてなど

▶▶オブジェクトの一覧

・各オブジェクトの一覧と説明

 

 

Copyright© Aviutl簡単使い方入門|無料で学ぶ動画編集 , 2018 AllRights Reserved.