【すんなりわかる】AviUtlのオブジェクトの選択方法まとめ

投稿日:2017年1月10日 更新日:

 

オブジェクトに関する全般的な事はコチラの記事にて

オブジェクトについてまとめ

1つの場合

選択方法

1.オブジェクトをダブルクリックします。

周りの外枠が破線になり、選択された状態になります。

2.左クリックしたままの状態をキープします。


明るい色になります。

「Ctrl」+「○キー」でコピーしたりなどは、オブジェクトにカーソルを合わせるだけではできないので、選択した状態にしないといけなかったりします。

 

複数選択

グループ化する時や、いくつかのオブジェクトをまとめて何かしたり(コピー等)する時に使います。

 

Ctrlキーを使って1つ1つ追加する方法

複数選択のやり方1

Ctrlキー」を押したまま、選択したいオブジェクトを1つ1つクリックしていきます。

明るい色になっているのが選択されたものです。

 

 

Ctrlキーとマウスのドラッグを使う方法

複数選択のやり方2

「Ctrlキー」を押したまま、マウスをドラッグして、選択したいオブジェクトを囲んでいきます。

破線で囲まれた部分が選択された部分です。

 

一括選択する方法

 

同じレイヤー上のオブジェクトを一括選択する方法

レイヤー上のオブジェクトを一括選択

「Ctrlキー」を押したまま、「Layer」をクリックすると、そのレイヤーのライン上にある全てのオブジェクトが一括選択されます。

下の画像では、「Layer3」をクリックすることで、「円図形」、「テキスト」、「フレームバッファ」と全部選択されています。


「Ctrlキー」を押したままの状態をキープして、「Layer4」もクリックすると、「Layer3と4の全てのオブジェクト」が選択されます。

 

CtrlキーとShiftキーを使う方法

Ctrl+Shiftキーで一括選択する

「Ctrlキー」と「Shiftキー」を押したまま、オブジェクトをクリックしていくと、1回目にクリックしたオブジェクトと、それ以降にクリックしたオブジェクトの間にある全てのオブジェクトが選択されます。

少しわかりにくいので、画像で説明していきます。

例えば、1つ目に真ん中のオブジェクトをクリックします。


次に右下のオブジェクトをクリックします。
緑の枠で囲まれた部分が全て選択されています。


選択される範囲は、「Ctrlを押したままドラッグ」する時に破線の四角形が出ますが、それと同じようなイメージで良いでしょう。

次に、そのまま左上の物をクリックします。

①と②の間は選択されたまま、①と③の間も選択されます。

何個目であったとしても、①が起点になります。

「②と③の間が選択される」とはならないので注意。

 

カーソル以降に開始するオブジェクトを選択

カーソル以降に開始するオブジェクトを選択

「Ctrlキー」を押したまま、右クリックすると、メニューに「オブジェクトの選択」というのがでます。


現在のフレームを表す「赤いライン」よりも後ろから始まるオブジェクトが全て選択されます。

例えば、下の画像ではラインがオブジェクトにかかっています。

ラインがかかっている部分は「開始点がラインよりも前」にあります。

この場合は、開始点がラインより後ろの2列が選択範囲になります。

 

カーソル以前に終了するオブジェクトを選択

カーソル以前に終了するオブジェクトを選択

「Ctrlキー」を押しながら右クリックして、「オブジェクトの選択」→「カーソル以前に終了するオブジェクトを選択」を選びます。


ラインよりも前に終了するオブジェクトが全て選択されます。

 

全選択する方法

Ctrlキーを押したまま右クリック、全選択を選ぶ

オブジェクトの全選択

「Ctrlキー」を押しながら右クリックして開くメニューから「オブジェクトの選択」→「全てのオブジェクトを選択」を選びます。


まとめて全選択されます。

-使い方

Copyright© Aviutl簡単使い方入門|無料で学ぶ動画編集 , 2018 AllRights Reserved.