【すんなりわかる】AviUtl本体・拡張編集の起動方法

投稿日:2017年1月4日 更新日:

 

この記事ではAviUtl本体と拡張編集のタイムラインの起動方法と、拡張編集が消えてしまった時の対処方法について書いています。




AviUtl本体と拡張編集のタイムラインの起動方法

まずは、本体の起動方法です。

aviutl.exe」から起動します。

 

画像のように本体が起動します。

下が、拡張編集のタイムラインです。

 

このタイムライン上で、色んな編集を行っていきます。

タイムラインが出てこない場合は、本体の設定」→「拡張編集の設定で出てきます。

 

タイムラインは、右上の「×」で閉じることができます。

 

閉じるときの注意

閉じる時にタイムラインを先に閉じてから、本体を終了させると、次回起動時にタイムラインが消えた状態で起動することになります。
 
もし、消したタイムラインの出し方がわからない時は、次の項目を参考にしてください。
 
AviUtlの起動ができたら次は「ファイルの読み込み方法」についても見てみましょう。

 

拡張編集がない、出ない、消えた、表示されないという時の対処方法

解説

拡張編集のタイムラインが出てこなくなってしまった時は、次のような原因があります。
 
  • そもそも拡張編集プラグインがインストールされていない
  • 本体の「設定」の中の「拡張編集の設定」のチェックが外れている
  • ウィンドウ画面の外側に消えてしまった
 
それぞれの対処方法について見ていきましょう。
 

 

そもそも拡張編集プラグインがインストールされていない

解説

AviUtl本体の「設定」項目のなかに「拡張編集の設定」という項目が無い場合は、拡張編集プラグインがちゃんとインストールされていません。
 
拡張編集プラグインがインストールされていない場合
拡張編集プラグインがインストールされている場合
 
ですので、「拡張編集の設定」の項目自体が無い時は、拡張編集プラグインのインストールをしてください。
 

 

 

本体の「設定」の中の「拡張編集の設定」のチェックが外れている

解説

本体の「設定」項目の中にある「拡張編集の設定」をクリックすると、横にあるチェックが付いたり外れたりします。
 
 
 
このチェックが外れていると拡張編集のタイムラインは表示されない状態になります。
 
タイムラインが起動していて、編集の途中でチェックを外したとしてもタイムラインが隠れるだけで編集内容が消えるわけではありません。
 
もう一度チェックを入れると編集内容はそのままでタイムラインが表示されます。

 

aviutl.iniの座標を変更する

解説

拡張編集プラグインもちゃんとインストールしていて、チェックもちゃんと付いている。
でもタイムラインが出てこない・・・
 
そんな時は、なんらかの原因でタイムラインの座標がおかしいことになっている可能性があります。
 
座標がおかしくなることで、PCの画面上に表示されていないということがあるようです。
 
この状態を修正するには、「aviutl.ini」というファイルを開いて修正します。
 
 
「aviutl.ini」をメモ帳などのテキストエディタで開いたら、[拡張編集]という項目を探します。
 
 
下に下がっていくと「x=〇〇〇 Y=〇〇〇」とX座標とY座標の項目があります。
 
 
ここの、XとYの座標の数字を両方とも0にします。
 
そしたらAviUtlを再度起動します。
 
これでタイムラインがPC画面の左上に表示されるはずです。

スポンサードリンク

-使い方

Copyright© Aviutl簡単使い方入門|無料で学ぶ動画編集 , 2018 AllRights Reserved.