【すんなりわかる】AviUtlの極座標変換の使い方・やり方

投稿日:

AviUtlの「極座標変換」はオブジェクトを円の形にすることができるエフェクトです。

 

元画像

極座標変換後

元テキスト

極座標変換後

 

画像はもちろん、図形やテキストなど色んなものに使用できます。

 

極座標返還の設定ダイアログ

解説

 
極座標返還の設定項目は以下の通りです。
  • 中心幅
  • 拡大率
  • 回転
  • 渦巻

 

中心幅

解説

中心部分の幅を広げることができます。
 

中心幅50

中心幅100

 
数値は0~2000まで設定できます。
 
初期設定では0になっています。
 

 

拡大率

解説

極座標に変換したオブジェクトを拡大できます。
 
拡大率200
 
数値は100~800まで設定できます。
 
初期設定では100になっています。

 

回転

解説

変換したオブジェクトを回転させることができます。
 
数値をプラス方向に振ると、時計回りに回転し、マイナス方向に振ると反時計周りに回転します。
 

0→360

0→ー360

 
数値はー3600~3600まで設定できます。
 
初期設定では0になっています。

 

渦巻

解説

変換したオブジェクトをぐるぐるとした渦巻の形にできます。
 
渦巻の数値は何回渦を巻くかを調整できます。
 
プラス数値の時は時計回りに、マイナス数値の時は反時計回りに渦を巻きます。
 

渦巻0→ー3

渦巻3

 
 数値は-8~8まで設定でき、初期設定では0になっています。

 

音声波形と極座標変換

解説

音声波形と極座標変換は組み合わせて使われたりもします。
 
いくつか例を見ていきましょう。
 

元の音声波形(Type1)

極座標変換

音声波形(Type2)

極座標変換

音声波形(Type3)

極座標変換

音声波形(Type4)

極座標変換

 

音声波形(Type5)

極座標変換

 
音声波形のType3やType4は、基本効果の反転を追加し、上下反転にすることで、向きを変えることもできます。
 
 

音声波形Type3の上下反転

音声波形Type4の上下反転

 

 

-使い方

Copyright© Aviutl簡単使い方入門|無料で学ぶ動画編集 , 2018 AllRights Reserved.