すんなりわかるAviUtlのミラーの使い方・やり方

投稿日:2018年2月12日 更新日:

AviUtlの「ミラー」はオブジェクトを鏡に写したような表現ができるエフェクトです。

 




ミラーの設定ダイアログ

解説

 
ミラーの設定項目は以下の通りです。
  • 透明度
  • 減衰
  • 境目調整
  • ミラーの方向
  • 中心の位置を変更

透明度

解説

ミラーとして映し出された方の透明度を設定できます。
 
透明度0→100
 
数値は0から100まで設定できます。
 
初期値は0になっています。

減衰

解説

鏡に写された方が全体的に透明になるのではなく、端から段々薄れていきます。
 
減衰0→500
 
数値は0~500まで設定できます。
 
初期設定は0になっています。

境目調整

解説

鏡を置く場所の調整ができます。
 
元のオブジェクトとの距離を調整できます。
 
境目調整0→40→ー330→40
 
数値はー2000~2000まで設定できます。
 
初期設定では0になっています。

ミラーの方向

解説

鏡を置く方向を設定できます。
 
ミラーの方向は上下左右から選択できます。
 
 

上側

下側

左側

右側

中心の位置を変更

解説

「中心の位置を変更」にチェックを入れると、中心が「元のオブジェクトの中心」から「ミラーも含めたオブジェクトの中心」に変更されます。
 

チェックなし

チェックあり

ミラーができない時の注意点

解説

ミラーエフェクトはAviUtl本体の「ファイル」→「環境設定」→「システムの設定」の中にある最大画像サイズの半分の大きさまでしか適用されないので注意です。
 
例えば、設定が幅2176×高さ1224だったら幅1088×高さ612以下のサイズの画像じゃないと、ミラーを設定しても反映されません。
 
大きい画像を読み込んでから、サイズや拡大率を変更させて小さくしてもミラーは反映されません。
 
最初から、元となる画像のサイズが小さいものを用意しておかないといけないので注意してください。
 
画像に関しては、もし大きすぎたりしたら画像を縮小させるサイトなどもあるので活用してください。
 
参考サイト:画像を縮小する!

テキスト(文字)にミラーをかける

解説

ミラーはテキストにもかけることができます。
 
 
透明度50
 
減衰500
 
境目調整50

ミラー以外のオブジェクトを増やして表示させることができるエフェクト

ミラー以外のエフェクトで、オブジェクトを増やして表示させることができるエフェクトに「画像ループ」があります。

 

画像ループでは、1つのオブジェクトを複数に増やして表示させることができます。

参考▶▶AviUtlの画像ループの使い方・やり方

スポンサードリンク

-使い方

Copyright© Aviutl簡単使い方入門|すんなりわかる動画編集 , 2018 AllRights Reserved.