すんなりわかるAviUtlのレンズブラーの使い方・やり方

投稿日:2018年1月24日 更新日:

レンズブラーは名前の通りレンズを通して対象を見た時のピントぼけのようなぼやけ具合を表現できるエフェクトです。

 

 

レンズブラーの設定ダイアログ

解説

 
  • 範囲
  • 光の強さ
  • サイズ固定

 

範囲

解説

ブラーの強さ、簡単に言うとピントのボケ具合を調整できます。
 
 
数値は0~1000まで設定できます。
 
初期設定では5になっています。

 

光の強さ

解説

光の強さを調整できます。
 
光の強さ:0→60
 
明るい部分が強調されるようになります。
 

元の画像

光の強さ:60

 
上の画像は、元の画像の白や黄色の明るい部分が強調され、夜景の光のようになっています。
 
数値は0~60まで設定できます。
 
初期設定では32になっています。

 

サイズ固定

解説

サイズ固定にチェックを入れると、オブジェクトの内側だけにレンズブラーの効果が限定されます。
 

チェックなし

チェックあり

 
また、他のブラー系のエフェクトと違って、レンズブラーでは初期状態でチェックありになっています。

 

レンズブラー以外のブラー・ぼかし関連エフェクト

レンズブラー以外にもブラー系、ぼかし系のエフェクトがあります。

 

放射ブラー

周りに放射する感じのブラーです。

 

方向ブラー

好きな角度にブラーをかけることができます。

 

モーションブラー

動きに残像を付けたりすることができます。

 

ぼかし

対象のオブジェクトをぼかすエフェクトです。

 

境界ぼかし

オブジェクトのまわりの境界となる部分をぼかすエフェクトです。

 

 

 

-使い方

Copyright© Aviutl簡単使い方入門|無料で学ぶ動画編集 , 2018 AllRights Reserved.