AviUtlでx264guiEXのインストールに失敗した時の対処方法

投稿日:2017年1月1日 更新日:

AviUtlで出力プラグインのx264guiEXを簡易インストーラでインストールしようとしたものの失敗しました。

そんな時の解決方法を少しまとめておきます。

 

ダウンロードできていないものがある時

appledllがダウンロードできない

画像には「appledllをダウンロード」とでますが、これが上手くいってないようです。

詳細を見ると、「QuickTime」関連のものが上手くインストールできていないみたいでした。

(※画像はクリックで拡大できます。)

x264guiEXインストール失敗時の画像

エラー部分を拡大するとこんな感じで「QTfilesが見つからないためインストールに失敗しました。」とでています。

 

その時は一旦あきらめて、日を開けてから、また簡易インストーラで試みたところ3回目で上手くインストールできました。

ですので、時間をおいて何度か試してみるというのが、まず1つの方法です。

 

何が足りていないのか調べるために、失敗した時と成功した時のダウンロードされた中身を、下の画像で見比べてみます。

赤枠と青枠、緑枠で囲んだ部分が足りていないのがわかります。

 

先ほど確認した足りていない物を抜き出すとこんな感じです。

・赤枠部分8個

ASL.dll
CoreAudioToolbox.dll
CoreFoundation.dll
icudt55.dll
libdispatch.dll
libicuin.dll
libicuuc.dll
objc.dll

 

・緑枠部分3個

qaac_2.61.exe
refalac_2.61.exe
x264_2744_x64_r2744.exe

 

・青枠部分

msvcp100.dll
msvcr100.dll

 

必要なのは赤い枠で囲んでいる8つです。

 

青枠部分の2つはx264guiEXのv2.xxではいらないです。これはv1.xxで使用する「mp4box」に必要とのことです。

 

緑枠で囲んだ部分の物は、必要かどうかはわかりませんが、2回目のx264guiEXの簡易インストーラを実行した時にダウンロードされました。
(この2回目の時は、赤枠部分はダウンロードされず、緑枠の物だけ出てきました。)

 

数回ほどAviUtlや関連プラグインの導入自体を最初から試してみたのですが、ここでインストールできないということが何度かありました。

 

色々調べてみると「iTunes」か「QuickTime」をインストールしてからx264guiEXの簡易インストーラを実行すれば良いということのようです。

これが一番手っ取り早いかと思います。

 

ただ、QuickTimeはサポートも2016年4月で終了していて、セキュリティの脆弱性の報告なんかもあるのでiTunesの方が良いと思います。

 

下記のリンクからダウンロードページに移動できます。

iTunesのダウンロードページ

ダウンロードページ

(※itunes6464Setup.exeがダウンロードされるだけでインストールはされません)

 

メールが送られてくるのを避けたい時はチェックを外してダウンロードしましょう。

 

QuickTimeのダウンロードページ

ダウンロードページ

(※QuickTimeinstaller.exeがダウンロードされるだけでインストールはされません)

ダウンロードしたもの

 

 

ダウンロードしたら普通にインストールして、再度x264guiEXの簡易インストーラを試してください。

これで大丈夫なはずです。(たぶん)

 

もっと調べてみると、実際に必要なのは「QuickTime」又は「iTunes」の中身の一部みたいです。

qaacはAppleのエンコーダが必要となるので、iTunesとかQuickTimeの一部が必要になる。簡易インストーラは、CoreAudioToolbox.dllがない場合(※)に、iTunesインストーラをダウンロード、その中から必要なdllをqaacと同じフォルダに配置して、qaacを利用可能な状態にしている。 (iTunesのインストールをしているわけではありません! )

rigayaの日記兼メモ帳|簡易インストーラについて

 

iTunesをインストールしないで、必要なものだけ取り出す方法

できればiTunesとかインストールしたくないという場合は、中身だけ抽出する方法もあります。

この方法はQuickTimeで試したら上手くできなかったので、iTunesでやりましょう。

必要なのはこの8個です。

ASL.dll
CoreAudioToolbox.dll
CoreFoundation.dll
icudt55.dll
libdispatch.dll
libicuin.dll
libicuuc.dll
objc.dll

 

32bit版と64bit版どちらもいけるので、あなたのPCの環境に合わせて下さい。

64bit版をインストールする人も、流れは同じなので32bit版の説明を最初に見ておいた方がスムーズに作業できると思います。

 

まずは、iTunesをダウンロードしてきます。

ダウンロードページ

 

次に、圧縮・解凍ソフトの「7-zip」というソフトをダウンロードします。

7-Zip

ダウンロードページ

開くと「7-zip File Manager」が出てきます。

 

ここまでは32bitでも64bitでも同じです。

 

32bit版の場合の手順

そしたら、「iTunes6464Setup.exe」を右クリックして「7-Zip」で開きます。


 

開くと、上の画像のような画面が出てくるので、「AppleApplicationSupport.msi」上で右クリックし、「7-Zipで閲覧」を選びます。

 

下のようにずらーっと出てくるので、この中から先ほどの8個を探します。

 

頭に「AppleApplicationSupport_」と付いていますが、右側が「ASL.dll」となっています。

8個全て頭に同じように付いていますが、問題ありません。

 

これを[AviUtl」フォルダの中にある「exe_files」にドラッグ&ドロップで移していきます。

 

この調子で8個全部移してしまいます。

 

そしたら、「AppleApplicationSupport_」の部分を「名前の変更」で消してしまいます。

 

 

間違えて消しすぎたりしないように、終わったら確認しましょう。

 

これでOKです。

あとは確認をしましょう。

「AviUtl」を起動し、本体でいいので何か動画を読み込ませます。

(動画ファイルを本体にドラッグ&ドロップでOK)

 

動画ファイルが読み込まれたら、左上の「ファイル」をクリックし、「プラグイン出力」→「拡張x264出力 (GUI)Ex」を選びます。

 

次のような「拡張x264出力 (GUI)Ex」の画面が出てくるので、左下にあるビデオ圧縮をクリックします。

 

下のような設定画面が出てくるので、5か所全部指定されているか確認します。

  • x264の指定
  • qaac.exeの指定
  • remuxer.exeの指定
  • timelineeditor.exeの指定
  • muxer.exeの指定

 

 

私の場合は、「x264.exe」と「qaac.exe」の2か所が空欄になっていました。

これを指定してあげないといけないので、欄の右側にある「・・・」をクリックします。

 

そうすると、ファイルを選択する画面が出るので、「x264_2744_x64.exe」を選択し、開くをクリックします。

 

同じように「qaac.exe」も選択していきます。

 

両方指定できると下の画像のようになります。

 

あとは右下の「OK」ボタンをクリックで終了です。

 

ついでにちゃんとエンコードできるか実際にやってみましょう。

 

64bit版の場合の手順

流れはほぼ32bit版と同じなのですが、64bit版の場合は他にも「qaac64.exe」が必要になります。

 

「qaac64.exe」は下記ページからダウンロードできます。

qaac

ダウンロードページ

「qaac_x.xx.zip」をダウンロードします。

 

zipを開くと中に「qaac_2.61」というフォルダが入っています。

それを開くと「x64」と「x86」という2つのフォルダがあります。

 

「x64」の方が64bit版なので、これを開いた中にある「qaac64.exe」を「exe_files」の中に入れます。

 

あとは、「iTunes6464Setup.exe」を「7-Zip」で開いたときに「AppleApplicationSupport.msi」では無く、「AppleApplicationSupport64.msi」を「7-Zipで閲覧」で開かないといけません。

 

開き方は同じなので、32bit版を参考にして下さい。

こちらも開くとファイルがたくさん出てきますが、取り出す物のファイル名は同じです。

 

ただ、こちらは頭に「x64_AppleApplicationSupport_」が付いています。

 

8つのファイルを32bit版と同じで「exe_files」に移していき、頭の部分の名前を変更します。

 

それが終わったら、AviUtlを起動し、ファイルのプラグイン出力から「拡張x264出力 (GUI)Ex」を選び、「ビデオ圧縮」をクリックします。

 

「x264.exeの指定」は32bit版と同じですが、「qaac.exe」の部分を先ほどの「qaac64.exe」を指定しましょう。

 

これで完了となります。

 

どうしてもできない場合

どうしてもできない場合は、難易度があがりますが、手動インストールを試してみましょう。

作者のrigaya氏のブログで詳しく説明されています。

rigayaの日記兼メモ帳|x264guiEx 2.xxを導入(手動)

 

-エラー・失敗

Copyright© Aviutl簡単使い方入門|無料でできる動画編集のやり方 , 2018 AllRights Reserved.